本文へスキップ

相続相談会を定期的に開催しております長尾台不動産は地域密着サービス店

電話でのお問い合わせは072-703-1065

〒665-0807 兵庫県宝塚市長尾台2丁目5番6号

相続相談会を無料開催中HEADLINE


宝塚会場で固定資産税・贈与税・相続無料相談会を開催中

固定資産税・贈与税・相続無料相談会

大事なご子息・御令嬢・孫達に、今なにが
皆さんに出来るかを一緒に考えませんか?
長尾台不動産は無料で相談会を開催致します
予約制なのでゆっくりと相談・質問できます
お気軽にお問い合わせください:担当・森田

宝塚在住のファイナンシャルプランナーが説明担当

ファイナンシャルプランナーが担当します

固定資産税・贈与税・相続無料相談会は
ファイナンシャルプランナーが担当しますので
安心です、何を聞いたら良いか判らないのは皆さん
はじめはそうです、少し時間の取れない方にも
短時間でも大丈夫です、疑問や不思議にに思う事を
まずは気軽にお電話などでご連絡ください

不動産相続・固定資産税無料相談会 宝塚・川西・池田・伊丹

投稿:ファイナンシャルプランナー・森田実
 

相続には保証人や損害賠償や借金など負の財産もある

相続とはどういう意味

まず相続とはどういう意味なのでしょうか?
財産・資産を残したまま亡くなられた方が
居られてそれを引継ぐ事を相続と言います
遺産:現金・家・土地などの不動産・預金や
貯金・株式などの有価証券等を残す方を
(被相続人)上記を引き継ぐ方を(相続人)
と言います、実際にはこの遺産(相続財産)
を子供と配偶者が引き継ぎ条件が満たさない
時に親と兄弟が相続人になる場合もあります
注意したいのが財産と言うと良いイメージが
あるのですがマイナス負債と言われる財産も
あり実際は事前に十分調べる必要があります

相続には単純承認・限定承認・相続放棄がある

相続はいつからはじまるの?

実際に相続が始まるのかと質問を受けますが
開始は被相続人が死亡確認された時です
それと同時に相続人は遺産(相続財産)の
名義変更や複数の相続人が居れば遺産分割
などの手続きをしなければならないです
手続きは人数が増えれば書類も増えて時間が
掛かります、単純承認以外を望むなら申請等を
段階的に用意をしないと間に合わないといった
事態になるので相続人全員で計画的に相談します
相続には3つありますので説明を書き込みます
☆単純承認・限定承認・相続放棄の3種類です
単純承認はマイナスも全ての財産を相続します
限定承認はプラス財産で相殺出来る分だけ相続
最後が相続放棄は文字の如く全て相続しません

相続発生後の3ヶ月以内に単純承認・限定承認・相続放棄決定が重要

相続発生後の3ヶ月以内が重要

注意ポイントはなんですか?と聞かれます
一番は期限です相続の手続きには期限が
指定されていることが多く上記にも書き
ました対象者全員で決める相続方法です
忘れてはならない大事なポイントは
相続が発生後の3ヶ月以内に下記
単純承認:限定承認:相続放棄を決めて
相続方法を意思表示して申請してください
手続きの中で速さが命運を分けると言っても
過言ではないぐらいに大事です。
例えば相続人の人数を確定する為に調査したり
相続財産があるのを調べたり価格評価したり
相続人のみんなでどう分けるのか遺産分割を
協議したりと時間との追いかけっこです

相続が開始してから遺留分減殺請求は10年以内

遺留分減殺請求は10年以内

故人が逝去し戸惑う中で上記承認したり
遺産分割協議を全員で予定通り進めるのは
かなり精神的にも負担が掛かると思います
多い確率で経験する相続では多くの期限が
決まっていて準確定申告は相続が発生して
から4ヶ月以内です、次に相続税申告です
これは相続発生後10ヶ月以内、次に遺言等
で遺留分が侵害される内容が含まれてたら
知った日から1年以内か相続がはじまった
10年以内に遺留分減殺請求をしてください


相続をトラブルなく進めるには事前協議が必要

事前の準備と知識が大事

トラブルがなく相続が完結する事を関係する
皆さんが望むと思いますが現実的に突然の事
が多く準備不足や知識不足で問題が表面化し、
その為に親族で溝が出来きる事もあるので
注意が必要と思います、単純承認:限定承認:
相続放棄を決めない場合は単純承認になります

川西・池田・伊丹・宝塚で相続税基礎控除額説明

相続税の基礎控除額

此処から税金関係を書き込みます
先ずは相続税、改正があり基礎控除額が
減額されてしまいました・・・・
平成26年12月31日迄相続開始した時には
5000万円基礎控除+1000万円×相続する
人数でした。しかしその後の
平成27年1月1日以降相続が始まった場合
には下記の3000万円基礎控除+600万円×
相続人数になり金額に大きな差が出ました

例えば3人家族で大黒柱の夫がなくなり妻と
子供1人の時には前者は7000万円の控除額が
後者は4200万に減額されました

続きは近日に掲載いたします。

投稿:ファイナンシャルプランナー・森田実



相続税や税金控除など生前贈与なども含めて無料相談会を実施